TEL : 070-4449-7575

厳しい年の瀬

Home  >>  お知らせ  >>  厳しい年の瀬

厳しい年の瀬

   お知らせ   12月 6, 2021  No Comments

今日は寒かったですね。

昨日と同じ服装でしたら、寒い寒い・・・(笑)

そのなかでスタッフとともに役所周り、新店舗での打ち合わせなど

動き回っておりました。

昨日はお休みをいただき、久しぶりの後楽園参戦・・・

世界最強タッグ決勝戦の後楽園へ・・・・・

試合開始前に練習生が年明けの新年にデビューする挨拶

この厳しい中でデビューすることは大変だと思いますが、ファンとしてしっかり見守り

応援していこうと思います。

昨日は年末らしくいろいろなことがありました

一番の伸び盛りの若手の選手・・・この日の中心人物でした

首が折れてしまう・・・・

大きい選手のみできる抱え技

1年いろいろ4あったけど試合が終わればみんなで勝利を祝う・・・(笑)

先ほどの若手の主役の少し先輩の期待の星の選手でした

本当に2年前までには次の時代を担う若手のホープでした。

その都度に私も気にしていました。

首の頸椎捻挫という命に係わるケガを負ってしまいました。

できれば完治して戻ってきてもらいたかったです。

しかし、試合途中の挨拶は残念ながら「退団」という答えでした。

とても残念です。

才能ある選手がまだ20代半ばで退団してしまう・・・

これも運命ではありますが、気の毒でなりません。

私のような年寄りがのうのうと生きているのに、才能にあふれた

若者がステージからさらなければならない・・・

ただ、少しだけ引っかかるところがありました。

通常はケガがもとであれば『引退』となるのですが発表が『退団』でした。

SNSではそのことを移籍ではないかと一部の方々は騒いでいます。

プロですから、移籍も自由ですが、できれば生粋のファンとしては最後まで

今の団体にいてもらいたかった。

そんな、いろいろ複雑な状況のなか先ほどの若手の選手とラストマッチが

来週行われます。

まずは選手がケガをしないことと、最後の雄姿を応援したいと思います。

世界最強タッグの優勝者はこの二人

いろいろ複雑な思いがあった昨日の大会でしたが、最後は二人が明るく〆てくれました

帰りは規制退場のなか、毎年そうですが、山下達郎氏のクリスマスイヴのBGMで帰路につく

私の年末の個人的な風物詩です。

といいつつ、あと年内2回は参戦いたします(笑)

団体運営も大変です。

会場の帰り道で社長自らが、椅子のかたずけをしていました。

それだけ大変なんだと少し悲しくなり、思わず手伝いたい衝動に

かられましたが、ファンとの垣根は越えることはいたしません。

少し厳しい年末の試合でした。

団体も私ももっとがんばらないといけません。

がんばります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です