プレッシャーと新しい世界

 本日(正確には昨日になってしまいましが)はご新規様から始まり

盛り上がりのなじみのお客様で〆ていただきました。

そんな休日明けの火曜日は久しぶりに私の趣味のピアノのレッスン日・・・

こんな素晴らしいピアノで唯一の贅沢をしております

しかし、この日が近づくにつれ、練習が足りていないことにプレッシャー

が高まっていくのです。

60才を前に老化防止(指先を動かすこと)と過去に何度がチャレンジして

続けることができなかった自分に対しての最後のチャレンジのつもりで

なんとか数年続けられています。

もちろん、そこは素敵な先生の素晴らしいレッスン内容があるからです。

ほとんど練習なしで行っても、必ず新しいヒントとやる気を与えていただ

けるのです。

私のような歩みののろいカメのようなオヤジでも、包み込むように教えて

いただく・・・

レッスン後は体がヘロヘロになるほど疲れるのですが、少しオーバーに

いうと、明日のテーマと希望をいただけるのです。

本当にへたくそで上達などほとんどない私にピアノを通して明日のテーマ

や課題をわかりやすく与えていただく先生には感謝と生きる希望をいた

だいています。

現在の練習曲は「シェルブールの雨傘」という懐かしい映画音楽・・・

今年はピアノももう少し頑張ります・・・(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

  • «
  • »