TEL : 070-4449-7575

涙の両国大会 その①

Home  >>  未分類  >>  涙の両国大会 その①

涙の両国大会 その①

   未分類   2月 25, 2019  No Comments

 最近は私的にも一般的にも「尊敬する人物はだれですか?」という

  話は聞いたことがありません。

社会的にも余り私的なことを話してはならない・・・的な

しかし、だれでも心の中ではあんな人になりたい、あんな生き方をしたい

いう思いや願望は必ずあると思います。

 

もちろん私にも長年、ずーっとずーっと尊敬してしている人物がおります。

その方は   「ジャイアント馬場」さんです。

すでに61才で亡くなられて20年が経過しました。

昔はよくテレビに出たりかなりの有名人でしたが今は20年の時の流れで

知らない方も多いものと思います。

しかし、そんな状況でも関係者の努力で没後20年の追善大会が開催され

ました。

一部の心ない人たちからは残された遺族関係者の金もうけとか

昔からの関係者の一部が途中で趣旨に合わないと主催者から抜けたりと

早々にチケットを購入した私としては・・・かなり凹んでおりました。

20年という時の流れに少し悲しさを感じつつ・・・せっかく買ったチケット

だからという思いと・・・・たとえ20年の歳月が流れた今でも尊敬する

馬場さんの思いは変わらないとの気持ちで両国に向かいました。

いつもは最前列なのですが、この日は少し控えめな席で・・・・(笑)

そして、会場に・・・・

開始時間ギリギリに到着。

私の好きな団体はさまざまなことがあり、現在は団体再建中というところ

なので、正直会場が満員になるということは余りありません。

(だからこそ本当のファンであれば支えていきたいと思うものです)

しかし、馬場さんの偉業はたとえ20年たっても消えることはありません

でした。

満員御礼札止め(いっぱいで入れない人がいたということです)

話が長くなりました。

あと、2~3回はプロレスの関連の話になってしまいそうです。

興味のない方はこのままスルーしてください。

私の熱い勝手な想いだけの話になってしまいますので・・・・

もちろんお店はチーズだらけのいつもどうり・・・

というより、本日はキャンドルナイトも実施いたします。

みなさまのご来店お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です